kasamatsu_ideason_anime_banner_fix

第3回「笠松町アイデアソン」を開催いたしました。

kasamatsu_ideason_anime_banner_fix
1月13日に「Dr.コトー診療所」作者山田貴敏先生をゲストスピーカーにお迎えして、第3回「笠松町アイデアソン」を開催いたしました。「新アニメの聖地と呼ばれる岐阜。笠松発のアニメを考えよう」と題して、笠松を盛り上げる笠松発のアニメのアイデアを考えました。

まずは第1回、第2回「笠松町アイデアソン」で考えたアイデアをふり返り、笠松町の魅力を皆さんにお伝えしました。

続いて山田貴敏先生に「山田貴敏のアイデアの源泉」と題して講演を行っていただきました。漫画は机の上でつくられていきますが、いいアイデアは机の上からはなかなか生まれない。実際に山田先生が経験された体験や、感動した出来事から生まれる。また、漫画も描く対象を想像して書くより、実際に見て書く方が上達する。例えば、背景の雲を描く際も、部屋から外に出て雲を見ながら描くようなかたが上達するとのことです。山田先生も車の漫画を描こうとした際は、実際にA級ライセンスを取得されサーキットを走り、体感する中から、先品の着想を得たエピソードも紹介いただきました。山田先生の徹底して取材する姿勢に真のプロフェッショナルの姿を垣間見ました。
笠松2
笠松1
またアイデアを考える際のヒントも教えていただきました。「ゼロからアイデアを考えるのは難しい。自分が感動したこと、涙を流したこと、大笑いしたエピソードを思い出して考えてみる。」

後半のアイデアワークショップでは、グループごとに「感動したエピソード」についてディスカッションしました。「感動したエピソード」をワークシートに落とし込んで、アニメのアイデアを発表。参加者全員で投票を行いました。
笠松3
笠松4

地元工業高校をテーマにしたアニメや、数多くの和菓子店が並ぶ笠松らしい和菓子店のアニメまで、様々なアイデアが生まれました。もっとも表を集めたアイデアを考えたのは高校生でした。寺社仏閣の多い笠松からインスピレーションを得て、男性の神様と女性の神様が登場するアニメのアイデアを発表いただきました。笠松が聖地になるような作品に成長してほしいです!
笠松5
笠松まちめぐりアプリ開発プロジェクト運営担当
タイムカプセル株式会社 相澤謙一郎

dr-%e3%82%b3%e3%83%88%e3%83%bc%e8%a8%ba%e7%99%82%e6%89%80

「Dr.コトー診療所」作者山田先生をゲストスピーカーにアイデアソン開催

dr-%e3%82%b3%e3%83%88%e3%83%bc%e8%a8%ba%e7%99%82%e6%89%80
笠松町では「笠松まちめぐりアプリ」を制作中です。平成29年3月のアプリ公開に向けて、アプリの内容や機能についてアイデアを出し合うワークショップイベント「笠松町アイデアソン」を開催します。

第3回は、「新アニメの聖地と呼ばれる岐阜。笠松発のアニメを考えよう」と題して、アニメをテーマに笠松を盛り上げる笠松発のアニメを皆さんで考えます。ゲストスピーカーに山田貴敏先生をお招きし、「山田貴敏のアイデアの源泉」と題して講演を行っていただきます。

参加費は無料。定員は30名(先着順)となります。なお、参加者には山田貴敏先生のサイン入り文庫本をプレゼントします。
※アイデアソンとは特定のテーマについてグループ単位でアイデアを出し合い、それをまとめていく形式のイベントです。

■日時
平成29年1月13日(金曜日)午後6時30分から午後8時30分まで

■場所
歴史未来館 多目的ホール(笠松町下本町87番地)

■内容
ゲストスピーカー山田貴敏先生による講演
アイデアワークショップ、発表会

■対象
笠松町在住在学の方・笠松町に興味をお持ちの方

■笠松町アイデアソンURL
http://kasamatsu.info/2016/10/16/ideathon/

■申込方法
氏名、住所、年齢、連絡先を記載し、メール(ken@timecapsuleinc.org)にてお申し込みいただくか、笠松町役場企画課(FAX058-387-5816、TEL058-388-1113)までお申し込みください。

%e5%90%89%e7%94%b0%e4%bb%a3%e8%a1%a8

第2回「笠松町アイデアソン」を開催いたしました。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a2%e3%82%bd%e3%83%b31
12月14日に第2回「笠松町アイデアソン」を開催いたしました。「笠松を盛り上げる新しいイベントを考える」と題し、イベントをテーマに笠松を活性化するアイデアを考えました。

まずは第1回「笠松町アイデアソン」で考えたアイデアをふり返り、笠松町の魅力を皆さんにお伝えしました。

続いてインプットセミナー「イベントで地域を元気に!事例報告」では、ファシリテーターの相澤から、他地域での事例紹介をしました。また講師のCSP WEBサービス吉田繁之代表からは、本町商店街の無料貸本屋「サイクルブック」の取り組みを紹介いただきました。吉田代表の「本を中心とした人が集まる仕組み作り」の挑戦は参加者の皆さんの心に響いたようです。

もうひと方の講師はCODE for GIFU、特定非営利活動法人 森とITの國枝代表。國枝代表からは各地域でのハッカソンや町歩きイベントの事例を発表いただきました。地域の魅力は我々の身近なところに眠っているんだなとあらためて感じました。
%e5%90%89%e7%94%b0%e4%bb%a3%e8%a1%a8
インプットセミナーの後はワークシートを使って笠松を活性化するイベントを参加者の皆さんと考えました。ハッとするアイデアから、笑いを誘うアイデアまで数多くのアイデアが生まれました。投票を行い、人気だったアイデアの発表を行い第2回「笠松町アイデアソン」は閉会。アイデアソンで生まれたイベントが実現されることを祈って!
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a2%e3%82%bd%e3%83%b32
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a2%e3%82%bd%e3%83%b33
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a2%e3%82%bd%e3%83%b34

第3回「笠松町アイデソン」は1月13日(金)開催です。皆さまの参加をお待ちしております!
第3回:1/13(金)18時30分から20時30分
「新アニメの聖地と呼ばれる岐阜。笠松発のアニメを考えよう」
http://kasamatsu.info/2016/10/16/ideathon/

■申し込み
氏名、住所、年齢、連絡先を記載し、メール(ken@timecapsuleinc.org)にてお申し込みいただくか、笠松町役場企画課(FAX:058-387-5816/TEL:058-388-1113)までご連絡ください。
%e7%ac%a0%e6%9d%be%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a2%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%8a%e3%83%bc_1018